絶対押さえておきたい事項を一覧で紹介。ぼろぼろの歯かを復活させるについてのページ。

歯科治療のよもやま話

ぼろぼろの歯かを復活させる

次は、50代女性のSさんのお話です。「年齢とともにだんだん前歯が出てきてしまい、すきっ歯になっってしまったのを治療するために通院しました。」彼女口の中ではすでに歯周病がかなり進行していました。そのため上下左右の奥歯が全て抜け落ちてしまい前歯が出てきてしまったのです。さらに症状は良くなく、歯を支える土台(歯ぐき)の破壊も進んでいるという中等度以上のまずい状態でしたね。そんなSさんの歯をできるだけ残して、しっかり食べ物を噛めるキレイな口もと、かみ合わせにするため、歯周治療+矯正歯科治療+補綴治療がスタートしました。その第一歩は、やはり一般歯科の医院での清掃で炎症を止めることになりました。
「歯周病の感染を残したまま矯正治療を行ってしまうと、土台の骨がさらに失われてしまうリスクがあります。そのため、矯正前の消炎処置がとても大切になってきます。もちろん、歯周病にかかっている患者さんに矯正治療を行うときは、プラークコントロールを、治療中も引き続き厳密に行う必要があります。患者さんにも事前にその旨を理解してもらってから治療を開始します。」

おススメの実践方法を皆さんの為を思って紹介、著作権はフリーじゃないですよ。